FC2ブログ
アウトドア・キャンプの趣味道具レビュー
アウトドア・キャンプグッズのレビューページ。テント、バーナー、ハンモック、寝袋等の口コミ、インプレッション。車中泊、サイクリングなど、激安アイデア満載。
比較:ステンレスマグはどれが良い?
ところで、普通のステンレスマグはどうかというと、ここで大逆転が起こってしまった。

ええっ!!っと目を見張ってしまう。タイガーのこの保温力は何? 一体どういうこったい!と混乱してしまった。

コップ付きステンレスボトルやワンタッチマグボトルでは圧倒的に不利であったタイガーが、マグボトルで、すごい保温力を発揮している! しかも! 軽い!!

保温力では、タイガー、象印と僅差で、10度も引き離されてサーモスとなった。
軽さは、タイガー、象印が並び、サーモスは非常に重い。サーモスの圧倒的な負けである。これ、どうなっているんだ??

タイガーのこの製品は、どうやら新発売のものらしい。熱を逃がさない銅箔を真空層に入れてあるということだが、同じシステムの別のシリーズのマグは、そんなに保温力高くなかった。謎だ。

たしかにこのマグは値段が高い! コップ付きステンレスボトルに張っている値段だから、このくらいの保温力があっても当然なのか。

ということで、今後のタイガーの新製品に期待してます!


タイガーマグ
●タイガー
品番 MMP-M050
希望小売価格 5,250円
実容量 0.5L
保温効力(6時間/1時間) 73℃以上/88℃以上
保冷効力(6時間) 8℃以下
幅×奥行×高さ 6.3×6.3×23.3
本体質量 (約) 0.25kg

象印マグ
●象印
品番 SM-AF50
希望小売価格 4,410円
容量 0.5L
外形寸法 幅×奥行×高さ(約) 7x7x21.5cm
保温効力(6時間/1時間) 71度/87度以上
保冷効力(6時間) 9度以下
質量(約) 0.25kg

サーモスマグ
●サーモス
品番 JMK-501
希望小売価格 3,675円
容量(L) 0.48
保温効力(6時間) 63度以上
保冷効力(6時間) 10度以下
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) 7.5×7.5×20
本体重量(約kg) 0.4

★アウトドア人気ブログは→アウトドアブログランキング
★自転車人気ブログは→自転車ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

比較:ステンレスワンタッチマグはどれがいい?
コップ付きのステンレスボトルでは、象印、サーモスが優位で、タイガーがちょっと落ちると書いたけど、マグボトルの方は、ちょっと事情が違うようだね。

まずは、ワンタッチで蓋が開いて飲める形式のマグボトルを比べてみた。

保温力はダントツ象印で、軽さは僅差でタイガー、象印となった。
保温力は6時間で約10度近く違うから、これは間違いなく象印が圧勝でしょう。

象印ワンタッチマグ
●象印
品番 SM-DB50
希望小売価格 5,460円
容量 0.5L
外形寸法 幅×奥行×高さ(約) 7x7.5x23cm
保温効力(6時間/1時間) 74度/88度以上
保冷効力(6時間) 9度以下
質量(約) 0.28kg

タイガーワンタッチマグ
●タイガー
品番 MMQ-A045
容量 0.45L
保温効力(6時間/1時間) 65℃以上/85℃以上
幅×奥行×高さ 6.9×7.3×21.5
本体質量 0.27kg

サーモスワンタッチマグ
●サーモス
JMY-500
品番 JMY-500
希望小売価格 5,250円
容量(L) 0.5
保温効力(6時間) 66度以上
保冷効力(6時間) 10度以下
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) 7×8×23
本体重量(約kg) 0.3

★アウトドア人気ブログは→アウトドアブログランキング
★自転車人気ブログは→自転車ブログランキング

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

ようやくゲットしたよ!!
象印タフスリム


ようやくゲットしました! ステンレスボトル。

ネットでいろいろ探し歩いていたんだけど、送料なんかを考えると、結局近くのロ○ャースが一番安かった。__(_ _;)

早速試しにいつものようにコーヒーを入れ、7時間放置することに。これまでのステンレスボトルでは、6時間以上経つとぬるくなっていた。

いや~ビックリだね。7時間経ってもあっつあつ! ボトルの7割くらいしか入れてないのにこの保温力はすごいでしょ~と感心した。

ちなみに、これまでいろいろ検討したところを総評すると、象印とサーモスが争っていて、タイガーは一段落落ちる感じが正直なところ。

お店で、象印の隣にあったタイガーを持ってみると、その重さにビックリ。0.5リットルの象印より、0.35リットルのタイガーの方が重い! 持っただけで重さの違いが明らかに! 保温力も劣っているしね。

一方、象印とサーモスはどうかというと、

重さ:象印
保温力:象印
デザイン:サーモス
使いやすさ:好み

といった感じだった。重さと保温力も僅差だから、デザイン重視の人はサーモスを選ぶだろうなぁと思う。

オイラは普段、機能性重視なんだけど、さすがに象印のデザインと色遣いにはちょっと??と思うところもあったしね。でも、結局、一番シンプルな象印のステンレスのタフを選択した。

やっぱり、ステンレスボトルは値段と性能が比例するね。安物買いの銭失いのオイラにとっては良い勉強になったよ。

★アウトドア人気ブログは→アウトドアブログランキング
★自転車人気ブログは→自転車ブログランキング

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

車中泊:トイレどうしてますか?
突然ですが、皆さんトイレどうしていますか?

トイレって、あんまり不便してない人が多いのかな? オイラは野宿キャンパーなので、基本的にトイレのないところに宿泊するため、これまでちょっと不便を感じていた。

都会と違って山間は夜間冷えることも多いので、キャンプ中、最低1回は”お花摘み”となってしまうのだ。
かといって、せっかく空気の良いところに来ているので、人の多いキャンプ場や道の駅などに泊まる気にもなれず……。

と、思っていたところ、ある車中泊のブログで面白いグッズが紹介されていた!

それが、これだ。

ポーターポッティ

ポータブルトイレながら水洗機能も付いている。臭いもなく、かなり快適らしいぞ。大型車のキャンパーの評判も良いんだ。
……ただ、オイラには手が届かない価格だよ。

で、もうちょっと探してみると、こんなものが!

ポータブルトイレ2

こちらは5000円前後なので、なんとかなりそうかも。

ポータブルトイレ3

使い勝手はこんな感じ。よく見たい人はクリックして拡大してみてね。

でも、ワゴンRに積むには、ちょっと大きいかな~。
……っていうことで、いわゆる100均にも置いてあるトイレを検討してみることにした。

続きは、次回に。

★アウトドア人気ブログは→アウトドアブログランキング
★自転車人気ブログは→自転車ブログランキング

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

オイラの車中泊スタイル
まずは、オイラの車中泊のスタイルをご紹介!

ブログを見てもらえばわかるように、オイラは元々ライトキャンパーからスタートしている。だから、車を使うといっても、あくまでも足と寝床だけを車で確保したキャンプということになるね。

宿泊場も道の駅じゃなくて、山道の人知れない脇道だし、就寝具もシュラフなどキャンプのものを流用。布団は使わない。そんなスタイルだと思ってほしい。

そして、かわらぬポリシーは、いかに安く楽しむか!

頭使って金を使わず。

そんなアイデアが紹介できたらいいなと思ってます。

★アウトドア人気ブログは→アウトドアブログランキング
★自転車人気ブログは→自転車ブログランキング

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 アウトドア・キャンプの趣味道具レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.